レゴスクールとヒューマンロボット教室ではヒューマンロボット教室が優勢

ロボット教材を使用することが特徴のレゴスクールは、レゴブロックの知名度が高いことから注目されているのですが、同様にロボットを組み立てるスクールであるヒューマンロボット教室の方が人気になっているとの見方もあります。
どちらのスクールも教育理念などには理系の能力開発や子供の集中力アップなどを挙げているのですが、レゴスクールでは少し難しいブロックの組み立てがあるため、子供が挫折してしまうこともあるようです。
ヒューマンロボット教室のブロックは専用に開発されているもので、難易度が低く、楽しく組み立てられることに重点が置かれていることが特徴だと言われています。
難易度が低いことは一見するとデメリットに思えるかもしれませんが、それだけ子供が自由な発想でブロックを組み合わせられることに繋がります。

 

↓↓↓無料体験授業のお申し込みはこちら↓↓↓

ロボット教室

ヒューマン ロボット教室

 

小学生向け21世紀のサイエンス知育教育です。
全国700教室で無料体験授業を開講中です。
定員に達する前に体験授業をお申し込みください。

 

 

 

レゴスクールとヒューマンロボット教室では費用面も問題に

レゴスクールは料金体系が少し解りにくい欠点を持っていて、各スクールごとに入会金が異なっていたり、教材費が違っているなど事前に問い合わせなければはっきりとした必要経費が解らないことがあります。
大まかに計算した場合、入会金は1万円から2万円、教材費は5万円以上必要で、月謝をプラスした場合には年間に20万円以上の費用がかかると言われています。
ヒューマンロボット教室の場合には入会金は1万円となっており、月謝は9,000円、各コースに必要なロボットキットがコースによって18,000円から30,000円かかるくらいになっているので、費用をかなり抑えてスクールに通うことができるでしょう。
また、スクールそのものの立地を見てみると、ヒューマンロボット教室の方が通いやすいことがすぐに解ります。
ヒューマンロボット教室は全国に教室を展開しているのですが、レゴスクールは東北は宮城県のみ、関東は東京、神奈川、埼玉のみ、関西は大阪、京都、兵庫のみと限定された地域だけでスクールを展開しているので、希望していても通うことができないケースがあります。