レゴスクールとヒューマンロボット教室を独自に徹底比較

ロボットを教材に取り入れた子供の能力開発のスクールには、レゴスクールとヒューマンロボット教室があるので、それぞれの特徴を比較してみることをお勧めします。
月謝の面を見てみると、レゴスクールはスクールの場所ごとに入会金や教材費が異なる場合があり、入会金は10,000円から20,000円、ロボット教材を扱う小学3年、4年、5年生の2年コースは月謝が14,200円の2年コースになっており、教材費は前年度で58,400円、次年度に14,000円かかり、別途5,000円のワークブックが必要になります。
ヒューマンロボット教室の入会金は10,000円となっていて、月謝は9,000円、教材費はベーシックコースで30,000円かかりますが、ミドルコースへの進級時には必要がなく、アドバンスコースで新たに18,000円かかるシステムになっています。
レゴスクールは東北の宮城県、関東では東京、神奈川、埼玉、関西では大阪、京都、兵庫に展開しているスクールで、ヒューマンロボット教室は全国を網羅しています。

 

↓↓↓無料体験授業のお申し込みはこちら↓↓↓

ロボット教室

ヒューマン ロボット教室

 

小学生向け21世紀のサイエンス知育教育です。
全国700教室で無料体験授業を開講中です。
定員に達する前に体験授業をお申し込みください。

 

 

 

レゴスクールとヒューマンロボット教室のカリキュラムの違いは?

年少から年中、年長、小学1年生から小学5年生までを対象としているレゴスクールに対して、ヒューマンロボット教室は年長から小学生を対象にしてカリキュラムを作っています。
レゴスクールはロボットを組み立てたるカリキュラムの前に、レゴブロックを使ったカリキュラムを多く取り入れていて、ロボット教材ではプログラミングを行う特徴を持っています。
長期的なプロジェクトを行ったり、プログラミングで仮想世界に自分が作ったロボットを登場させるなどの内容が特徴的です。
ヒューマンロボット教室のはレゴブロックではないブロックを使ってた教材になっていて、実際にロボットを組み立てながら、作ったロボットを速く走らせたり、パワーアップさせることを考えてオリジナリティを加える作業をして能力開発をすることを目的としています。
どちらのスクールも理系の能力開発のサポートに適しており、子供の集中力を引き出せると考えられています。